ウォーターサーバーまるわかり!費用など詳しく知りたい!

水代の相場を学ぼう

天然水とRO水の違いを知ろう

ウォーターサーバーで飲むことができる水の種類としては、主に天然水とRO水という2つのタイプに分類することができます。
ですからまずは、どちらのタイプの水を購入するか決める必要があるでしょう。

天然水は耳慣れた言葉でもあるため、ご存じの方も多いかもしれませんね。
天然水とは、特定の場所から出た湧き水などを塩素処理することなく飲める水のことになります。
ウォーターサーバーで飲める天然水は、加熱殺菌とろ過しただけで、他の科学的な処理をしていないため、豊富なミネラルを体に取り入れられるのが天然水の魅力になります。

一方で、RO水というのは、分子レベルで不純物を処理した水になります。
そのため、限りなく純粋の水に近づくため、あとから人工的にミネラル分を加えていることが多いようです。

天然水とRO水で料金はどう変わるのか

天然水とRO水では、そもそもの加工処理などに違いがあるため、金額も変わってきます。
ですから、ウォーターサーバーを利用するにあたって必要となる費用が知りたいという方は、まずはどちらのタイプの水を利用するかを決めると、全体の金額というのが算出しやすくなるでしょう。

一般的には、どこのウォーターサーバーの会社でも、天然水よりはRO水の方が相場的には金額が安い傾向にあるようです。
その理由としては、RO水の場合には、天然水のように特定の採水地にこだわる必要がないため、原価を安く抑えやすいためです。

しかしながら、RO水が安いからよくないのかというと決してそのようなことはなく、きちんと不純物を処理しているものですので、安心なものに違いありません。
結局のところ、それぞれの会社でどのような水を扱っているのかきちんと調べて、その水の価格が適正であるかを考えることが大事と言えそうです。